EPISODE

第1話「摩天楼の名探偵」 Pilot

ロンドンからニューヨークへと住まいを移した伝説的名探偵シャーロック・ホームズは薬物依存症から回復中で、現在ニューヨーク市警の顧問として働いている。そこへ、ホームズの父に雇われたジョーン・ワトソンがホームズの“付添い”として引っ越して来る。

第2話「あなたが寝てる間に…」 While You Were Sleeping

ある男がアパートの自室に帰宅するなり銃で撃たれて殺される。ホームズの疑いは相続人である双子の女性に注がれるが、その1人は昏睡状態にある。そして一方では、ワトソンの“友人”が再び彼女の生活に入り込んで来てしまう。

第3話「消えた誘拐犯」 Child Predator

ホームズとワトソンは、子供を誘拐してその現場に風船を残すという連続殺人犯を追い詰める。

第4話「失踪」 Rat Race

薬物の過剰服用で事故死したらしいとされるウォール・ストリートの投資会社の重役について、実は殺されたのではないか、とホームズは考えている。一方、ワトソンは友人に誘い込まれ、不本意ながらもブラインド・デートに臨む。

第5話「死の天使」 Lesser Evils

ホームズは、病院で死の床にある患者たちを自然死に見せかけて殺害しているらしき“死の天使”を追う。一方、ワトソンは医者であった時の同僚に偶然再会する。

第6話「危険なフライト」 Flight Risk

ある小型飛行機が墜落した後、ニューヨーク市警と国家運輸安全委員会はそれを機械的なエラーによるものだとする。しかし、ホームズは殺人事件ではないかと疑う。

第7話「忘れたい過去」 One Way To Get Off

非道な押し込み強盗事件が起こるが、その手口はグレッグソン警部が13年前に収監した連続殺人犯による犯行と不気味に似通っていた。ホームズは、この新しい事件を解決するためにその古い事件を再びひも解く。

第8話「長すぎた導火線」 The Long Fuse

ウェブデザインの会社で爆発が起こり、その爆発物は4年前から通気管に仕掛けられていたことが分かる。一方、ワトソンはホームズに自分の代わりとなる“支援者”を見つけるようにと促す。

第9話「瞳の中の暗殺者」 You Do It To Yourself

ホームズはギャンブル依存の大学教授が殺された事件を調査する。一方でワトソンは不当にひき逃げの疑いをかけられたと主張する昔の恋人に助けを求められる。

第10話「ダイヤモンドは永遠に」 The Levithan

ある銀行の絶対不可侵と言われる金庫が再度破られ、ホームズは二度目の犯人たちと初回の犯人たちに何らかのつながりがあったのではないかと考える。

第11話「命の洗濯」 Dirty Laundry

大きな秘密を抱えていたらしいマンハッタンにある高級ホテルの支配人が殺され、ホームズはその殺人犯を突き止める必要に迫られる。

第12話「Mの悲劇」 M.

ホームズはイギリス時代からの長年の宿敵であり、ホームズの生活を職業上でも、私生活レベルでも台無しにした殺人犯”M”と対決する。

第13話「戦争ゲーム」 The Red Team

ホームズはある理由により、ニューヨーク市警の顧問としての職を停職させられる。その後、彼は暇に任せて陰謀論者たちをオンライン上でフォローしていた。これはホームズの趣味だった。ところが、その関係者の1人がどうやら自殺に見せかけて殺されたようだ。

第14話「殺人鬼のプロファイル」 The Deducationist

逃亡中のある連続殺人犯のせいで、ホームズは彼の忌み嫌っているFBIの女性プロファイラーと一緒に仕事をさせられることになる。彼女を嫌うには理由があった。何年も前に彼女はホームズの依存症問題を予見した記事を書いていたのだった。

第15話「過去の亡霊」 A Giant Gun Filled With Drugs

ホームズに以前薬物を売っていた元売人の娘が誘拐され、ホームズに助けを求めてくる。ワトソンはその“友人”が、ホームズが再び薬物に手を出す引き金になるのではないかと恐れる。ところがその古い友人は、ホームズは薬物の影響下にある方がより明敏なのではないかと考える。

第16話「容疑者ベルの献身」 Details

ベル刑事が帰宅途中銃撃された。ベル自身に犯人の心当たりがあり、一見簡単に解決するように見えた事件だったが、まもなく主要な容疑者が殺されてしまう。やがて、ホームズはこの事件は全く簡単に解決できない事件だと悟る。

第17話「偽りの遺伝子」 Possibility Two

ある富裕な慈善事業家が、誰かが故意に自分に致命的疾患を負わせたと主張し、ホームズにその犯人探しを引き受けてくれるよう懇願する。その一方、ホームズはワトソンに探偵業のコツを示そうとあれこれ指導する。

第18話「せめて、探偵らしく」 Déjà Vu All Over Again

ある男の妻が疑わしい状況下で消息を絶ち、ワトソンはこの件を初めて単独で扱うことにする。そして、ホームズはワトソンの扱う失踪事件の女性とつながりがあったらしい、地下鉄での殺人事件を調査する。

第19話「嵐の夜に」 Snow Angels

ホームズとワトソンは北東からの暴風雪の間、国内で最も大きい現金用金庫のうちの一つを強盗から守る。そしてまた一方でホームズは、失意の底にある、性転換した女性を元気付ける。

第20話「ブラックメール」 Dead Man's Switch

レイプによる犠牲者の家族を標的にしていた脅迫者が殺され、ホームズとワトソンはその裏にある陰謀を解き明かそうとする。一方でホームズは、自身の薬物依存からの回復一周年を祝うのを避けようとする。

第21話「殺しのライセンス」 A Landmark Story

一連の死が非常に熟練した殺人犯の仕業であると判明し、ホームズは彼の最大の敵、モリアーティが事件の背後にいると気付く。

第22話「復讐するは我にあり」 Risk Mangement

ホームズは宿敵に近付けることを密かに期待して、モリアーティだと自称する男からの事件を引き受ける。一方で、グレッグソンは、この手の危険な事件にはワトソンは関わるべきものではないと彼女を説得しようとする。

第23話「本当の嘘 / 傷だらけのヒーロー」 The Woman / Heroine

モリアーティはホームズを、何年も行方不明となっていたホームズが深く愛する女性、アイリーン・アドラーの発見へと導く。ホームズはアイリーンの収監と心理的虐待の詳細が明らかになるにつれ、自身の依存症へ転落の過去を思い出していく。

第1話「ロンドン・コーリング」 Step Nine

シャーロック・ホームズとジョーン・ワトソンは失踪した警部補を捜しにロンドンへ向かう。ホームズが懐かしのベーカー街を訪れると、うれしい驚きだけではなく犬猿の仲である兄のマイクロフトとも遭遇することに。

第2話「博士の愛した数式」 Solve For X

ホームズとワトソンはある数学者の殺人事件を捜査する。彼の部屋の壁には超難解な数式がびっしり書き込まれていた。その数式がすべての謎を解決する鍵となるのか。

第3話「がために」 We Are Everyone

ホームズとワトソンは依頼を受け、政府機関で働いていた民間請負業者の従業員で機密情報を漏洩したとされる男性を捜すことに。ところがホームズとワトソン自身がハッカー集団に狙われることになってしまう。

第4話「罪と罰」 Poison Pen

ある企業のCEOがニトログリセリンで毒殺された事件を捜査する過程でホームズは過去に接点のあった女性に出会う。彼女はかつて今回と同じような毒殺事件に関与した人物だった。

第5話「ダブルフェイス」 Ancient History

ホームズは新たな事件を探して死体安置所に行くと、殺し屋と思われる人物の死体を見つける。ホームズとワトソンは彼の死の真相を突き止めようとマフィアの世界に足を踏み入れる。

第6話「真の標的」 An Unnatural Arrangement

ホームズとワトソンは捜査でグレッグソン警部(エイダン・クイン)の私生活を垣間見ることに。グレッグソンの妻が自宅で強盗に襲われたのだ。

第7話「華麗なる依頼人」 The Marchioness

兄のマイクロフトがニューヨークへやって来て、ホームズに元婚約者の事件捜査を依頼する。ホームズは依頼を引き受けるが、ワトソンとマイクロフトの親密な様子には我慢ならず…。

第8話「血は水よりも濃く」 Blood Is Thicker

ホームズとワトソンは殺された若い女性と病に侵された億万長者との間に隠れた家族のつながりを発見する。

第9話「境界線」 On The Line

ホームズとワトソンは連続殺人犯を見つけるが、彼がかつて容疑をかけられた事件は証拠不十分で未解決に終わっていた。ニューヨーク市警に協力を拒まれた2人はそれでも正義のために奮闘する。

第10話「女王陛下の暗殺者」 Tremors

ある捜査で失敗を犯したため、ホームズの法を曲げる強引な捜査方法が審問にかけられ、ホームズとワトソンのニューヨーク市警の顧問という立場が危うくなる。

第11話「殺しの匂い」 Internal Audit

ホームズとワトソンはネズミ講で大金を奪っていた大物投資顧問の殺人を捜査することに。そしてホームズは薬物依存から立ち直ろうとしている仲間の支援者になることを考える。

第12話「マレフィセント」 The Diabolical Kind

ホームズとワトソンはある少女の誘拐事件で、犯人は以前モリアーティを名乗って電話してきた相手だと気づく。少女を救うため2人はモリアーティに助けを求めることに。

第13話「ギャング・オブ・ニューヨーク」 All In The Family

ベル刑事はドラム缶に入った死体を発見する。被害者はマフィアの一員であることをワトソンが特定。ホームズは政府機関の誰かがライバルのファミリーに密告したのではと疑うが…。

第14話「眠れる化石」 Dead Clade Walking

ワトソンがホームズの未解決事件の中から見つけたのは、殺された被害者の裏庭を写した写真。そこには恐竜の骨格を含む化石が写っていた。

第15話「バレエ・カンパニーの怪人」 Corpse De Ballet

バレエ・ダンサーの殺人事件でホームズはプロのダンス世界の内幕に触れる。一方ワトソンは消えたホームレスを追い、悪質な犯罪を暴く。

第16話「昨日の友は今日の敵」 The One Percent Solution

ホームズとワトソンの間で緊張が高まる中、2人は爆破事件の捜査でホームズのロンドン警視庁時代の元同僚と協力することを余儀なくされる。

第17話「よみがえり」 Ears To You

数年前、妻殺しを疑われた男のもとに「身代金を払えば妻を返す」と書かれた脅迫状が突然届く。ホームズとワトソンが挑むのは単なる誘拐事件なのか…。

第18話「ドクター・グレンジャーの犬」 The Hound Of The Cancer Cells

ある著名な医学博士が殺された。ホームズとワトソンは博士が最近開発したガン検知装置が関連するのか謎を追う。

第19話「歯には歯を」 The Many Mouths Of Aaron Colville

死体に噛み痕をつける連続殺人犯と同じ手口の犯行が再び繰り返される。ところが犯人として逮捕された男は既に死亡していた。

第20話「アウトブレイク」 No Lack Of Void

スリの男が炭疽菌で死亡した。ホームズとワトソンは菌のアウトブレイクを防ぐために、入手先を必死で追う。

第21話「唇のねじれた男」 The Man With The Twisted Lip

行方不明になった人物を追うホームズとワトソンは無人機の世界に足を踏み入れる。そんな中、ニューヨークに舞い戻った兄のマイクロフトのせいでホームズとワトソンの間に亀裂が生じる。

第22話「48時間」 Paint It Black

ワトソンの命が危険にさらされ制限時間が迫る中、彼女を救うためにホームズは兄のマイクロフトと協力することを強いられる。

第23話「仮面」 Art In The Blood

一見いつもと変わらないはずの殺人事件の裏には国際社会を巻き込む政治的な意味合いが…。ワトソンは殺されかけた経験から平穏を取り戻すのだった。

第24話「逃亡者」 The Grand Experiment

兄のマイクロフトの殺人および反逆罪容疑を晴らそうと奔走するホームズとワトソン。2人の相棒関係は岐路に立たされる。

第1話「ヤマアラシのジレンマ」 Enough Nemesis to Go Around

ホームズが新しい弟子のキティ・ウィンターを連れてニューヨークに戻ってくる。しかし警察の顧問に復帰するためには、まずワトソンの同意が必要だ。ゲスト出演:ジーナ・ガーション

第2話「オレンジの種五つ」 The Five Orange Pipz

男2人が殺された事件を解決すべくホームズとワトソンは手を組むが、コンビの絆にキティが嫉妬し、捜査はあわや台無しに。

第3話「イミテーション・ゲーム」 Just a Regular Irregular

ホームズの協力者の1人である数学の天才が、死体を発見。ワトソンはキティとの和解を試みる。

第4話「世界でひとつの彼女」 Bella

人工知能ソフトの窃盗犯捜しを依頼されたホームズは、ワトソンに協力を要請。彼自身は「人工知能が存在する」という考えそのものの誤りを立証することに力を注ぐ。

第5話「ブラッド・ダイヤモンド」 Rip Off

ワトソンが休暇で不在の中、ホームズとキティはダイヤモンドの不法取引に絡む殺人を捜査。トーマス・グレッグソン警部は、娘が別の警官との交際中に暴力を受けたと知り、ある一線を越えてしまう。

第6話「欲望という名の地図」 Terra Pericolosa

ホームズとワトソンが、希少な地図を盗んだ殺人犯を追う。ゲスト出演:メイミー・ガマー

第7話「ゴーン・ガール」 The Adventure of the Nutmeg Concoction

ある女性の失踪事件のたった1つの手掛かりは、ナツメグの香り。ワトソンは元彼との再会により、長距離恋愛中の彼氏への思いを試される。

第8話「エンド・オブ・ウォッチ」 End of Watch

警官が殺害され、ホームズとワトソンはニューヨーク市警と共に捜査を開始。ホームズはさらに、依存症患者の集会における彼自身の発言を盗用している、あるリハビリブログの著者を追う。

第9話「時の支配者」 The Eternity Injection

以前ワトソンと一緒に働いていた看護師から「行方不明の同僚を捜して」と依頼が。捜索を始めたホームズとワトソンは、すぐ別の失踪事件に行き当たる。

第10話「世界に一つだけの花」 Seed Money

バイオ技術者の殺害、麻薬カルテル、希少なランの花。これらを結ぶものは何なのか、ホームズとワトソンが調べる。さらにワトソンは、人生の大決断を下す。

第11話「高名な依頼人」 The Illustrious Client

キティと同様の焼印を押された女性の死体が見つかり、ホームズは「ロンドンでキティを拉致した犯人が、ニューヨークに現れて彼女をストーキングしているのでは」と考える。ゲスト出演:スチュアート・タウンゼント

第12話「決着の日」 The One That Got Away

キティが「自分の拉致犯だとされた男は別人だったのではないか」と疑い始める中、ホームズは彼女が私的制裁を行おうとしていることに気づく。ゲスト出演:スチュアート・タウンゼント

第13話「ペイバック」 Hemlock

真剣味を増す彼氏との関係に対し、自分の態度を考え直すワトソン。ホームズと共に追跡するのは、債権回収業者として実入りのいい新たなキャリアを築いていた、行方不明の弁護士だ。

第14話「女たちの戦い」 The Female of the Species

服役中の敵による復讐で引き起こされた死をワトソンが悼む中、ホームズはマーカス・ベル刑事と組み、行方不明かつ出産間近のシマウマ2頭を捜す。ゲスト出演:ジーナ・ガーション

第15話「命の値段」 When Your Number's Up

連続殺人事件が発生し、死体の上に現金入りの封筒と、死亡賠償専門の弁護士との関連を示すメモが残される。ホームズとワトソンは犯人を追って、命の値段を決める業界へと捜査に乗り出す。

第16話「見えない手錠」 For All You Know

「薬物依存が最も深刻だった時期に女性を殺害した」との罪に問われ、ホームズは自分自身に捜査の目を向ける。

第17話「冷凍庫のミイラ」 T-Bone And The Iceman

凍ってミイラ化した大学生の死体が見つかり、証拠を追うホームズとワトソンは怪しげな人体冷凍施設にたどり着く。ゲスト出演:マーク・マーゴリス

第18話「オリュンポスの監視者たち」 The View From Olympus

相乗りサービス会社の運転手がタクシーによって残忍にひき殺され、ホームズとワトソンは同業者間の激しい対抗意識が原因ではないかと捜査を始める。

第19話「“みんな”の仁義なき戦い」 One Watson, One Holmes

ハッカー集団のメンバーが殺害されて、ホームズとワトソンはネット上の内戦に巻き込まれる羽目に。

第20話「ホーンテッドマンション」 A Stitch in Time

エセ科学などを暴く懐疑論者の殺人を捜査するホームズとワトソン。国土安全保障上の潜在的脅威が見つかり、警戒レベルが高まる。

第21話「アンダー・マイ・スキン」 Under My Skin

拉致犯が救急隊員2人を殺害して逃走。犯人を追い詰めて拉致された女性を救うため、ホームズとワトソンも捜索に加わる。ゲスト出演:フィッシャー・スティーヴンス

第22話「プリズンブレイク」 The Best Way Out Is Always Through

地下鉄のホームで判事が刺殺され、ホームズとワトソンは怨恨を抱える脱獄囚を追う。調べが進む中、ベル刑事はある秘密を知り、それが別の警官との間に芽生えつつある恋愛関係を脅かす。ゲスト出演:スーザン・マイズナー、アフトン・ウィリアムソン

第23話「1億匹事件」 Absconded

ホームズは、ネット上の養蜂コミュニティーの仲間だったミツバチ調査員の殺人を捜査。どうやらハチの謎の大量死と関係があるらしい。ゲスト出演:サットン・フォスター

第24話「仕組まれた罠」 A Controlled Descent

以前リハビリを支援してくれていた男が失踪する中、ホームズは必死に助けを求めてきた麻薬売人によって、依存症の最暗部へと引きずり戻される。ゲスト出演:アトー・エッサンドー、マイケル・ウェストン